「四皇」カイドウの〝悪魔の実〟の能力について考えてみたいと思う。

といっても、現段階ではカイドウが能力者であるのかさえそもそもわかっていないんだけど、仮に能力者だったらという話で。

「ライオン」の能力者!?

まず、カイドウの異名なんだけど、世間的には〝百獣のカイドウ〟と呼ばれているらしい。

「百獣」と聞いて思い浮かぶのは、やはり「百獣の王」のライオンかな。

仮に「百獣」の異名がライオンの能力から由来しているのだったら、動物(ゾオン)系 〝ネコネコの実〟 モデル ライオンとか考えられそう。

また、カイドウはドフラミンゴから動物(ゾオン)系人造悪魔の実「SMILE(スマイル)」を大量に買いこんでいて、奴の部下には500人を超える能力者がいるとのこと。

そんな動物(ゾオン)系能力者集団の頂点に立つ人物という意味でも、〝百獣の王〟ライオンの能力者はそのイメージにまさしくピッタリのように思える。

ただ、能力から由来する異名をつけられてる奴って、実のところ、あんまりいないんだよね。いるにはいるけどという程度。

有名どころでは「仏のセンゴク」、「黒檻のヒナ」、「ジャッカルのチャカ」、「ハヤブサのペル」あたりかな。ローの「死の外科医」というのは能力以前に彼医者だしね。

(ドラゴン)」の能力者!?

錦えもんの口から、カイドウがワノ国にいること、そして、錦えもんが仕える光月家の先主がカイドウに殺されたことが明かされた。

錦えもんとカイドウの間に因縁があることはこれまでの錦えもんの様子をみてればなんとなくうかがえていたんだけど、それとあわせて、錦えもんには(ドラゴン)に因縁があることも本人の口から明かされている。

(ドラゴン)〟と聞けば 拙者 黙ってはおれぬ…!! その存在に遺恨あり!!

ONE PIECE / 尾田栄一郎 巻六十九 P79

これらのことから、錦えもんの先主を殺したカイドウが(ドラゴン)の能力者であることも考えられると思う。

仮にカイドウが(ドラゴン)の能力者であるとすれば、カイドウの「最強生物」という呼び名によく合う生物の能力だと思う。

「鬼」の能力者!?

カイドウの〝見た目〟や〝ワノ国っぽさ(日本っぽさ)〟、ワノ国編がおとぎ話「桃太郎」のモチーフになるかもしれないことから考えて、カイドウが〝鬼〟の能力者っていうのもありそう。

ただ、鬼ということになると、ロジャーが「鬼」と呼ばれていたことと重なって、少しややこしくなりそうなところが気がかり。

見た目が鬼っぽい

カイドウの姿は第795話で明らかになっているけど、見たまんま、角が生えていたり、鬼を連想させるような姿だった。

ONE PIECE / 尾田栄一郎 巻七十九 P182

ワノ国っぽさ

ワノ国は「日本の江戸時代」がモデルになると考えられるんだけど、ルフィがワノ国で戦うことになるであろうカイドウに〝日本っぽい要素〟が取り入れられる可能性もあると思う。

日本っぽい要素で、かつ、動物(ゾオン)系に限って考えてみると、やっぱり鬼が一番しっくりくる気がする。

ヤマタノオロチとかもおもしろいと思うけど。ヤマタノオロチは幹部にいそう、なんとなくだけど。

ワノ国編は「桃太郎」になる!?

「ONE PIECE」では童話・おとぎ話がモチーフにされることがあるんだけど(たとえば「魚人島編」と「浦島太郎」)、ワノ国編が「桃太郎」をモチーフにすることも考えられる。

ドフラミンゴが倒されたニュースが世界各地に広がり、カイドウの部下らしき奴がそのことを報告しようとカイドウを探している場面では、その場所が鬼ヶ島のように見えなくもない。

ONE PIECE / 尾田栄一郎 巻七十九 P145

また、ワノ国の大名跡取りであることが判明した「モモの助(桃太郎)」が、「ルフィ(猿)」と「イヌアラシ公爵(犬)」を引きつれて「カイドウ(鬼)」を退治しにいくということになった点も見逃せない。