ルフィたちがいずれ行くことを尾田さん自らがネタバレしてしまった「ワノ国」。

(O)
まだ先の話で、我慢できずに言っちゃいますけどね。ルフィ達はいずれワノ国に行きます。も〜昔から僕はそれを描くのが楽しみでね〜。趣味丸出しになるかもなー。うふふ。

尾田栄一郎ONE PIECE 巻六十九 P86

ルフィたちと同行しているワノ国の侍 錦えもんたちの事情もついに明かされ、いよいよ、尾田さんの公言どおり、ルフィたちがワノ国に行くときが近づいてきているように感じる。

「ワノ国の冒険」はいったいどのようなものになるだろうか考えてみたいと思う。

敵は「四皇」〝百獣のカイドウ〟

錦えもんの口から、「カイドウがワノ国にいること」、そして、「カイドウとワノ国の将軍が手を組んでいること」が明かされた。

(錦えもん)
「四皇」カイドウの……!! 〝百獣海賊団〟は……!! ワノ国におる!!!

週間少年ジャンプ2016年14号 P72
ONE PIECE / 尾田栄一郎

(錦えもん)
ワノ国は今!! 手を組んだ「将軍」と「カイドウ」の手によりほぼ制圧状態!!

週間少年ジャンプ2016年15号 P83
ONE PIECE / 尾田栄一郎

パンクハザードからドレスローザに向かう途中、カイドウの名前を聞いた錦えもんとモモの助がひどく動揺していたと思うけど、やっぱり、ワノ国はカイドウによって支配されていたようだね。

そして、錦えもんらのカイドウを倒したいという意志に同調したルフィは彼らと手を組み、改めてカイドウ討ちを決意。

ルフィの「四皇」との初対決の舞台はワノ国となりそうだ。

最終目的はワノ国の「開国」

錦えもんたちの目的はワノ国の将軍を倒して開国すること。

(雷ぞう)
ワノ国の「将軍」を討ち!!! 閉ざされた国を「開国」する事!!!

(錦えもん)
それが我らの志願でござるっ!!!

週間少年ジャンプ2016年15号 P83
ONE PIECE / 尾田栄一郎

これはカイドウに殺された主君の意思ということなので、おなじみの〝受け継がれる意志〟ということになりそう。

ところで、今はまだ鎖国状態のワノ国なんだけど、いつ頃からどういった理由で鎖国を続けているのかはまだわかっていない。

ワノ国の鎖国に〝空白の100年〟とかも関わってくる可能性もあるかな。

ドレークは敵になるか味方になるか

ドフラミンゴが倒されて間もなく、ある島でドレークが号外の新聞を読んでいた。

尾田栄一郎ONE PIECE 巻七十九 P145

ドレークがいるこの島には松のような木が見られるし、カイドウの部下らしき奴らがそこでカイドウの名前を呼んで探していることから、ドレークがいる島はワノ国だと考えられそう。

ドレークはたぶん、今はカイドウの傘下に入ってるっぽくて、カイドウを狙うルフィたちの前に敵として立ちふさがる可能性があると思う。

ところで、ドレークは、2年前は思いっきりカイドウにけんかを売っていたんだよね。

新世界を生き残るには四皇に挑み続けるか、傘下に入るかのどっちかってローが言っていたけど、カイドウを倒せなかったドレークは傘下に入ることに決めたんじゃないかなみたいな想像がつく。

で話を戻して、新聞を読むドレークの表情からは何か思うところがあるような感じに見える。

こうした何か思うところがあるような表情はパンクハザードでルフィと再会したローからも感じとられたんだけど——。

尾田栄一郎ONE PIECE 巻六十七 P129

ローはこの後、思い立ったかのようにルフィに海賊同盟を誘って、ドフラミンゴ討伐へと動き出したんだよね。

そんなローの前例を踏まえると、ドレークがルフィたちと同盟を組むのかはわからないけれど、ルフィたちがカイドウに挑むことによって起きる混乱に乗っかってドレークもカイドウに盾つく可能性があるんじゃないかと思う。

元「白ひげ海賊団」マルコも参戦!?

一味とカイドウとの戦いに元白ひげ海賊団のマルコも招集されそう。

(ネコマムシの旦那)
その間にわしらも会いたい男がおるぜよ! 戦力が増えて困りはせんきにゃあ 元〝白ひげ海賊団〟一番隊隊長 〝不死鳥マルコ〟!!!

週間少年ジャンプ2016年16号 P86
ONE PIECE / 尾田栄一郎

イヌアラシ公爵とネコマムシの旦那は一時期、白ひげ海賊団の船にも乗っていたとのことだから、マルコとは旧友という感じかな。

さて、マルコを始めとする元「白ひげ海賊団」のクルーたちは、1年前に起こった黒ひげとの戦いのあと行方をくらましてしまったらしいんだけど、ネコマムシの旦那はマルコの居場所に心当たりがあるとのこと。

マルコだけが呼ばれるのか、他の隊長たちも呼ばれるのか、このあたりはまだわからないけれど、きっと力を貸してくれるんじゃないかと思う。

ルフィも笠の作りかたを習う!?

マルコといえば、同じく白ひげ海賊団だったエースが、ワノ国で笠の作りかたを習ったというエピソードがあったと思う。

尾田栄一郎ONE PIECE 巻五十七 P74

もしかしたら、エースのワノ国でのエピソードが他にも聞けるかもしれないし、ルフィがへたくそな笠を作って誰かにプレゼントするようなことがあるかもしれない。

「白ひげ海賊団」の残党を探すウィーブルはいかに

カイドウとの戦いにマルコも協力してくれそうなんだけど、その一方で、王下七武海で自称白ひげの息子のエドワード・ウィーブルが白ひげの遺産目当てにマルコたちを探していたんだよね。

しかも、頂上戦争のときにマルコたちに命を守られたルフィならマルコたちの居場所を知っているかもと考えたウィーブルとウィーブルの母ミス・バッキンは、ルフィのところに向かいそうな様子だった。

(ミス・バッキン)
ドフラミンゴがやられたよ……!! またあいつだ!! ガープの孫だね!! 頂上戦争じゃマルコ達が奴を守ったって噂も…

(ウィーブル)
じゃあ マルコの事知ってるかもしでねェ!! シメにいく?

尾田栄一郎ONE PIECE 巻八十 P129

また奇遇にもルフィとマルコが近いうちに再会しそうなんだけど…。

で、ウィーブルも近々ルフィたちの前に現れそうな雰囲気を感じる。

といっても、ウィーブルがルフィたちの行く先を知らなくちゃ現れようもないんだけど。

ワノ国に来るか、ゾウに来るか、ワノ国のあとにくるか。まだこのあたりはわからない。

ワノ国には(ドラゴン)が生息しているのか

スリラーバークでゾンビとして登場したワノ国の伝説の侍リューマ。真偽のほどはわからないんだけど、リューマはかつて空飛ぶ竜を斬り落としたとのことだった。

また、錦えもんが(ドラゴン)の存在に遺恨があることを言っているんだけど、今もワノ国には(ドラゴン)が生息しているんだろうか。

そもそも(ドラゴン)は「ONE PIECE」の世界でも「空想上の生物」とされているようなので、本来なら実在することは考えられないと思う。

ルフィたちはパンクハザードでベガパンクによって作られた人工生物の(ドラゴン)と対峙しているけれど、そのときルフィたちは「存在するわけがない」というように言って驚いていた。

ところで、「ONE PIECE」の世界では(ドラゴン)の他にもペガサス、ケルベロス、ケンタウロスなどといった空想上の生物が登場しているんだけど、それらの実態は、〝ウマウマの実〟を食べた鳥でペガサス、〝カゲカゲの実〟の能力とホグバックの医術によって生み出されたケルベロス、〝オペオペの実〟の能力によって動物の足を得たケンタウロス、といった具合に、決まって〝悪魔の実〟の能力によって再現されたものだった。

なので、もし、今もワノ国に(ドラゴン)がいるというのであれば、それはやっぱり〝悪魔の実〟の能力によるものである可能性が高いのかもしれない。

ゾロはワノ国で新しい刀を手にいれるか

ゾロが使っている3本の刀のうちの1本「秋水」はワノ国の英雄リューマが生前使っていた刀で、現在ではワノ国の国宝になっているとのこと。

その「秋水」をゾロは奪ったり盗んだりして手にいれたのではなく、リューマからちゃんと譲り受けて手にいれたんだけど、そんな事情を知らない錦えもんはいずれゾロに決闘を申しこんで「秋水」をワノ国に返してもらうつもりでいるらしい。

(錦えもん)
おぬしにはいずれ決闘を申し込み 「秋水」はワノ国に返して貰う所存っ!!

(ゾロ)
——フン いいだろう 返り討ちにしてやる!!

尾田栄一郎ONE PIECE 巻七十 P32

今のところゾロに「秋水」をワノ国に返す気は毛頭なさそうだし、この先、麦わらの一味のおかげでワノ国が救われることになったら、錦えもんも執拗に「秋水」を返せとは言わなくなるんじゃないかと思う。

ゾウでは、ナミたちに命を救われたワンダたちが国宝の装飾をナミたちにあげてたしね。

それから、ゾロが新しい刀をほしがるときというのは、今のところ、刀が3本そろっていないときに限られていると思う。

なので、たとえば仮に「秋水」よりもいい刀との交換を条件に「秋水」を国に返してほしいという話が出たとしても、その話にゾロが乗るかどうかもわからないと思う。

ワノ国でゾロの刀が交換されることがあるとすれば、それは現在使っている刀のどれかが折れて使えなくなってしまったときなんじゃないかなって思うんだけど、ミホークから覇気を教わったゾロは「刃こぼれすら己の恥と思え」みたいなことを言われていたから、刀が折られることもなさそうなんだよね。

ゾロがワノ国で新しい刀を手に入れる可能性はあまり大きいものではないのかもしれない。

ルフィとジンベエの3度目の共闘がある!?

カイドウとの戦いが徐々に近づいてる中、サンジがビッグ・マム海賊団に連れていかれてしまった。というかサンジがひとりでビッグ・マムの元へ行ってしまった。

ルフィたちはサンジの事情のすべてが把握できず、また、カイドウとの戦いも迫ってきているため、とりあえずサンジを連れ戻そうとルフィも仲間数人とビッグ・マムの元へと向かい始めたんだけど、そこでもしかするとビッグ・マムと話をつけようとしているジンベエとはち合わすこともあるかもしれない。

ルフィのほうもジンベエのほうもすんなりと問題解決しそうにない気がするんだけど、なんにせよ、「四皇」カイドウとの戦いにジンベエは貴重な戦力になるんじゃないかなと思う。

マリンフォード頂上戦争、新魚人海賊団との戦いに続き、3度目のルフィとジンベエの共闘もありそうな気がする。