海賊王ゴール・D・ロジャーが残したといわれる世界一の財宝〝ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)〟とは、一体、どのような宝なのでしょうか。

もはや伝説になりつつある宝とあって、作中においても〝ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)〟の情報はまだほとんど出ていないのが現状です。

「富、名声、力」「この世のすべて」

作中で〝ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)〟という言葉を初めて口に出したのはコビーです。

海賊王を目指すというルフィに対して、それは〝ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)〟を目指すことであることと言い、また、〝ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)〟のことを富と名声と力というように言いました。

ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)〟は、ロジャーが残した財宝に対する呼び名ですが、ロジャー本人が〝ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)〟という言葉を口にしている場面は今のところなく、自分の財宝のことはこの世の全てという言い方をしていました。

「富、名声、力」、「この世のすべて」という言葉はあまりに抽象的すぎて、肝心の中身がよく見えてきません…。

実在する〝物〟であるらしい

まんが「ちびまる子ちゃん」の作者さくらももこさんとの対談で尾田っちは「〝ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)〟の正体は自分の心の成長だったみたいなことはしない」ということを公言しています。

また、作中においては、白ひげが「〝ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)〟が実在すること」を明言していました。

これらのことから、〝ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)〟の正体が、「これまでの冒険が…」とか「仲間たちとの絆が…」などといったあやふやなものではなく、はっきりとした〝物〟であると考えられると思います。

世界をひっくり返すことができる

白ひげは〝ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)〟が実在することを言い放つ直前に、あの宝を誰かが見つけた時……世界はひっくり返るのさ……!!とも言っています。

話の流れからして白ひげの言うあの宝とは〝ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)〟のことを言っていると考えて間違いないと思います。

つまり、〝ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)〟とは、「世界をひっくり返すことができる代物」であるようです。

ロジャーは世界をひっくり返すことができなかった!?

「世界がひっくり返る」とは具体的にどういうことなのかという話はさておき、〝偉大なる航路(グランドライン)〟を制覇し海賊王と呼ばれるようになったロジャーは世界をひっくり返すことができたのでしょうか。

今のところ、ロジャーが世界をひっくり返したような痕跡は感じられないように思います。

また、仮に現在の世界がロジャーが既にひっくり返したあとの世界ということであれば、白ひげがわざわざ「〝ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)〟を誰かが見つけることで世界がひっくり返ること」を言い残すことは不自然だと思います。

つまりどうやら、「ロジャーは世界をひっくり返すことができなかった」と考えるのが自然だと思います。

それでは、ロジャーは実のところ〝ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)〟を手に入れることができなかったのでしょうか。

あるいは手に入れていたとして、どうして世界をひっくり返すことなく〝ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)〟を置いてきてしまったのでしょうか。

ロジャーとの出会いを思い出していたレイリーの回想の場面では、ロジャーは世界をひっくり返すために海へ出たと考えられるような会話がありました。

いくらロジャーが不治の病にかかり苦しんだとはいえ、世界の海の頂点に立つような男が世界をひっくり返すことなく、宝をどこかに置いてきてしまうということにはどうも疑問を感じます。

〝巨大王国の思想〟 + 〝古代兵器〟!?

「世界をひっくり返す」とは違うのですが、「世界を滅ぼすほどの力」として「プルトン」、「ポセイドン」、「ウラヌス」の3つの古代兵器の名がしばしばあがります。

これらの古代兵器が何のために作られたのかはわかっていませんが、もしかすると古代兵器は本来、世界をひっくり返すための力であり、〝ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)〟とも何らかの関係がある——、そんな可能性も考えられるでしょうか。

「ひとつなぎ」というくらいですから、古代兵器そのものだけで〝ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)〟と呼ぶわけでなく、〝Dの意思〟や800年前に滅びたとされるある巨大王国の〝思想〟、それらと〝古代兵器〟を併せて〝ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)〟と呼ぶのかもしれないですね。

そのように考えてみると、オハラのクローバー博士が、世界政府が恐れているものとして、「〝古代兵器〟の復活」と「800年前に滅びた王国の〝存在〟と〝思想〟」ではないかと指摘したことも興味深いです。

また、ロジャーが世界をひっくり返すことができなかったことについても、ロジャーが〝偉大なる航路(グランドライン)〟を制覇した当時はまだ、ポセイドンのしらほしが生まれてきていなかったという理屈で成り立ちますね。